イラストレーター オカダケイコのブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
2015新年
年が明けました。

今年は京都ではじめて年越しをしました。
京都で!年越し!って!すごーい…となんだかうれしくなりました。
除夜の鐘は聞こえなかったけれど。


うちのお雑煮は、白みその具なし。お餅とかつおぶしだけのシンプルなもの。
具がはいっているお雑煮は私はダメなのです。
これでないと私にはお正月が来ないのである。

初詣には近くの広隆寺へいって、弥勒菩薩様を拝み、護摩木に願い事をかいて
奉納してきました。弥勒菩薩様の前につぼみの白い百合が飾られていて、
とても似合っていました。なんというか、これ以上の美しい組み合わせはない
くらいにマッチしてた。
また今年も11/22に護摩木が焚かれる時に参拝しよう。

元旦のお昼まではとても良いお天気だったのに、午後から急に
雪がふりだして、短時間でどさっと積もってびっくり。



丹波へ帰ったり、長浜へ行ったり、会いたい人達に会えて
とても楽しく過ごしました。どちらも雪すごかったです。


あとりえミノムシさんで初笑いしてきました。
獅子舞に頭かんでもらってまた今年一年健康にすごせそうです。


ブロクも10月からぜんぜん更新できてないですね…
イギリス旅行のことや、パイソンズのライブのレポートも書こうとおもいつつ、
今年後半はとにかくブログより仕事優先!でブログは放置してました。
ほんとに大量の仕事しましたよ…でもどれもとても面白くやりがいのある
お仕事で楽しかったです。

また日記の方のブログは気が向いたら書きます(汗)
やっとNHKのBSでやってたパイソンズライブの録画を見ました。
改めてかっこいいジジイ達。



にっき - -
旅日記:2014年7月16日 ロンドン
昨日の残りのフィッシュ&チップス、パン、コーヒー、などで朝ご飯。 
9:00ホテルをチェックアウト。 

今日は夕刻からのパイソンズのライブ会場の近くの、グリニッジのホテルへ移動。 
移動ルートを調べてみたら、 地下鉄、バスに加えて、テムズ川クルーズでもいける。

▲ダブルデッカー!

テムズ川クルーズいいなぁと思ったけれど、 ラッセル・スクエア始発のバス188番が、
1時間ほどでホテルの真ん前までダイレクトに行くので、街並も楽しみながら移動できるし、バスに乗って行くことにした。


前方運転席側から乗り込んで、オイスターカードを黄色の丸いセンサーにタッチ。 
ダブルデッカーの2階へあがり、一番前の席に座って出発進行。  
日差しがきつく、結構暑いが、ロンドンの景色を眺めながら移動できるのはなかなか良い。
バスストップも放送と、駅名を電光掲示板知らせてくれるから安心。


るるるる〜ん♪


らららら〜ん♪


↑おお、ロンドンアイ!



気分よく乗っていたのに、途中、車掌さんが2階にあがってきて、 ここでサービスが終わるから降りろとのこと。乗客みんな降ろされた。グリニッジまでダイレクトにいけると思っていたのに、なんでやねん。乗り継ぎチケットをもらって次の188番のバスを待つ。 
次のバスにのる時には乗り継ぎチケットを見せれば、問題なく乗車できた。 


再び2階席にすわったが、こんどのバスは次のストップのインフォメーションが全くない。
旅行者には不親切!外の景色も少し寂れた地域にはいっていって、少し不安をおぼえた。 
乗り降りする人種の顔ぶれも変わる。  30分ほどのち、カナーリーワーフというオフィス街っぽいところあたりにでてから、バスストップのインフォメーションが何故か復活。
そこからちょっと街並みも観光地らしくなっていった。
ロンドンの交通機関、日本ではありえないことが多々あってヒヤヒヤするわ〜。



12:00ホテルの最寄り、national maritime museumにて無事下車。 
まだチェックインに時間があったが、荷物だけあずかってもらう。 
レセプションのお姉さんの英語が早くて聞き取りにくい。


12:30グリニッジの街中へ。
身軽になったので、ツーリストインフォメーションを探して街中にでる。  
ツーリストインフォメーションはここかな?と思って適当に入った建物
が、テムズ川対岸まで歩いて渡れる地下道への入り口やった。
面白いのでそのまま行ってみる。

巨大なリフトで地下まで降りてみると、目の前にはまっすぐとのびる地下トンネル。
対岸まであるいて約20分くらい。 ひんやりとした空気が気持ちいいい。 
南岸には公園が広がり、グリニッジの景色も一望できた。


再び地下道をリターン。  
やっとツーリストインフォメーションを発見してマップをもらうも、
いまひとつ観光して面白そうな場所がない…。

とりあえず昼ご飯と思って、マーケットでトルコ人?が売っていた、フムスとサラダをピタパンにまいたもの、を買って公園の芝生上でひとりピクニックランチ。天気も良くて、気持ちいい。 ざくざくに切った、生野菜に、酸っぱめのヴィネガードレッシング、淡白な味のフムス。フレッシュで良いが、塩が足りんな。



14:00ホテルに戻り、改めてチェックイン。部屋は406号室。 
ダブルベッドでバスルームも大変広い。 疲れたし、夕方からパイソンズでエキサイトせなあかんし、17:00ごろまでホテルで休憩。




↑私の旅の荷物。スーツケースが嫌いで、リュック。
一週間くらいの旅だといつもこんな量。少なくて驚かれます…。

17:00パイソンズのライブ会場のthe O2にむかう。 鉄道でさっきバスで通ったカナーリーワーフまで行って、それから地下鉄のジュビリーラインに乗り換えてノースグリニッジ駅下車。エスカレーターで地上にあがると The O2はすぐ。


いよいよパイソンズのライブ!わくわく。

にっき - -
旅日記:2014年7月15日 ロンドン
今日は一日ロンドン街歩き。 
午前中は、まずアパートメントから近場の街歩きと食材の買い出しを。

キングス・クロス駅▶▶セント・パンクラス駅(建物が美しい!)▶▶大英図書館▶▶ユーストン駅▶▶トッテナム・コート・ロード(ハビタがあったが、誰も入ってなくてはいりづらくてやめた)▶▶グレート・ラッセルロードにぶつかって左折▶▶大英博物館 着


大英博物館は、見出すと一日潰れるのでエントランスのみさらっと拝見。 
次のスポットの開館時間まで、カフェにてラテとクロワッサンを。



大英博物館のすぐ近くのこじんまりとした建物。 
イギリスの18世紀から現在に至るまでの風刺画の原画が展示されています。
2階に本もたくさん置いてあり、自由に閲覧できます。
子供向けのワークショップスペースもありました。

企画展は、第一次世界大戦の風刺画と漫画。
そういえば、今年は第一次世界大戦開戦100周年。戦争ものの風刺画はやっぱり怖い。 


いいな!と思ったカートゥニストの名前を書いてきた。 

Jon McnaughtWille RushtonFougasse「Drawing the somewhere」

11月23日から、29日まで”gekiga Alternative Manga from Japan”を開催。 
1950年代〜1970年代の日本の劇画を紹介するそうです。 
風刺画や漫画が好きな方にはオススメ。

▶▶ラッセル・スクエア界隈に戻って、スーパーマーケット・ウェイトローズで買い物。 

自分のお腹の具合と相談して、夕食用に以下のものを買う。  

・サーモン&チーズクリームの前菜デリ (そのまま食べれる)
・アスパラガス (生)
・ほうれん草とリコッタチーズのラビオリ(ゆでるだけ)
・パスタ用チーズソース (あたためるだけ)
・レモンカードのヨーグルト 
・ラズベリー (生)
・ミネラルウォーター(still=ガスなし)
 ・パン2個

せっかくキッチンがあるから料理をしたいのだけれど、二日しかいないから、
食材を残さないように量とレシピを考えて買うのが難しい。
結局半調理品が多くなってしまった。

一旦アパートメントに戻って、上記の材料で適当にお昼ごはんを作る。 
ウェイトローズのオリジナル商品はどれも味は良かった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


地下鉄サウス・ケンジントン駅から地下道で美術館の地下入口まで通路で繋がっている。
ここは好きで何度も訪れている。
所蔵物の数の多さ、バリエーションの多さに圧倒される。 
これが入場料無料で見ることができるなんて!嗚呼。 
私が一番好きなのは、ガラスと陶器の部屋。 



企画展はウェディングドレス1775-2014(ウェディングドレスの歴史)、


噴水のある、すばらしい中庭もあるので、そこの芝生で休憩もできる。
アジサイが満開でした。  


▶▶ナイツブリッジ駅に向かってあるく▶▶ハロッズを横目に見る。
▶▶ナイツブリッジ駅着、地下鉄に乗り換えてパディントン駅へ。


明日乗るヘレフォード行きの列車切符の受け取りをする。 
First Great Westernのオンラインで切符を事前購入済。
パティントン駅の西側、ずらっとならんだFirst Great Westernの自動チケット発券機にて
collectのボタンを押し、予約ナンバーを入力し、予約時に支払いに使ったクレジットカードを差し込めばオッケー。切符が発行されてでてきます。
事前にオンラインで購入するとかなり安くなる場合もあり、座席も手数料無料で予約できるので便利。

ロンドンナビで詳しく切符のことを書いてくれています。



▶▶それからまたラッセルスクエアに戻って、またウェイトローズでおやつゲット。 
りんごと、チョコムースを買う。 

ヨーロッパにくると、かならずチョコムースをスーパーで買ってたべてしまう。
気泡が入った泡々の濃厚チョコムース、美味しい。
日本でなぜかこのタイプのチョコムースにお目にかかったことがない。


フィッシュ&チップスのお店(地球の歩き方に載っていた)で
テイクアウェイ。 店の兄ちゃんはちょっとやんちゃそうな感じで、英語はなにしゃべっているかわからなんだ。揚げたてのチップスに塩とヴィネガーを上からドバーッとかけてくれる。フィッシュ(おそらくcod)は長さ30センチくらいの大きさのものがでてきて、思ったより大きくて魚っとする(あ、失礼) 

▶▶アパートメントに戻って、冷蔵庫に残っている材料で晩御飯。 
フィッシュ&チップスはカリッと揚がっていて美味しい! 魚は冷凍だろうな感は否めないが。ヴィネガーも効いていて良い。 しかし量が多くたべきれない。

今日も歩き回って、相当疲れて、お腹もいっぱいになり、眠くてたまらなくなって、こてっと寝てしまった。 眠くてたまらなくて寝落ちる、というのは普段滅多にないけれど、すーっと眠りに吸込まれていくのは、なかなか気持ちがいいものである。
にっき - -
| 1/66 | >>